薬物治療アルゴリズム(2/2)

前記事に続きです。


2. 非精神病性大うつ病(重症)の薬物治療アルゴリズム1)
画像


DSM-IVにより精神病症状を伴わない重症うつ病と診断された場合は、TCA、non-TCA、SSRI、SNRIが第一選択薬となる。また、速やかな症状の改善を優先する場合は、ECT(電気けいれん療法)を選択する。2回目の治療選択以降は、基本的に軽症・中等症と同じく、他の抗うつ薬への変更か抗うつ効果増強療法を選択する。また、薬物療法が無効な場合は、ECTが推奨される1)。

※本アルゴリズムは、厚生労働省精神・神経疾患委託費「感情障害の薬物治療ガイドライン作成と
  その実証的研究」の援助を受け、精神科薬物療法研究会により作成されたものである。

【参考文献】
1. 精神科薬物療法研究会(編):気分障害の薬物治療アルゴリズム,じほう,2003
2. 樋口輝彦:うつ病の治療ガイドラインと薬物選択アルゴリズム,内科,2003,92(4):612-617

****************************************
情報元は、持田製薬株式会社/うつばんネット
http://www.utuban.net/medical/medication/algolism.html#a

非精神病性とはなんぞやと思い・・有名なAkiskal(アキスカル)さんが登場するもいまいち分からない。・・のちに分かり次第。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アルゴリズム

    Excerpt: アルゴリズムアルゴリズム (algorithm) は、なんらかの問題を解くための手順のことである。算法(さんぽう)と訳されることもある。コンピュータにアルゴリズムを指示するための(電子)文書をプログラ.. Weblog: パソコン図書館 racked: 2006-07-29 20:17
  • 病気を持つ人の気持ち

    Excerpt: 頑張ろうと思いますどこに行っても偏見の無い所なんてないからでもほんと不思議だなあと思います他の病気はあれなのに、うつ病やパニック障害などはどうして偏見の目で見られるのか・・・気持ちはわかりますきっと精.. Weblog: うつ病患者のブログ【うつ病治療】@TETSU racked: 2008-03-04 15:40