思うに

トンネルの前提には、出口。

   降りの前提には、晴れ。

      の前提には、朝。

        の前提には、浮上。

          の前提には、吉。

。。。。なんだろけど、















現実は・・・

     トンネルならライト

         雨なら傘

            暗闇もライト
 
              底なら助けを求め浮き輪の類

                 凶なら心得た生活・・・・?占いを信じる人なら・・・?



じゃなと。・・・・・展望するのは良いことだけど、欲しいのは現状の対策。









天気を掘り下げれば、雨の先には、晴天続きかもしれなし、曇り、また雨、雷、雪、台風、竜巻・・・きりがない。色んな場面があることを前提として置かないと、本来の前向きつながらないと思う。・・・・そうそう、前向きという言葉自体も、随分大安売りな時代になったなと思う。



この手の単語が、書籍などで平気で使われると、私自身ねじれているためか・・・おしゃれなノンアルコールビールのような存在で、効き目などなく、私にとっては、別になくても良いよと思ってしまう。



















そんなことより、

制御困難な極度の否定的自動思考が行われている人の願望を取り除くことは、どうすれば、かなうのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック