昔の処方

画像


この処方記録は、私が初めて、SSRIを処方された時のもの。

この当時、精神医療業界では、SSRIの有効性が散々アメリカからのデータで、画期的な薬として騒がれていた。国の認可が待てずに、個人輸入をしていた人もいた。

私もそれを信じていた。

・・・


10年近く使われてきた実情は・・私にはとてもじゃないが楽観的に思える結果になっているとは到底思えない。まともな精神科医ならこの辺の事情は説明してくれると思う。(まともな精神科医も探すの大変か。)



デプロメールの後、トレドミン、パキシルと薬を変えたが、少なくてもどれも私には有効な効果が得られず、副作用のほうが勝り、まったく合わなかった。

画像


(写真:未だに話題になるパキシル)

この記事へのコメント

2009年03月17日 07:41
私も、パキシルを飲んだことがありますが、私の場合、副作用として、頭痛がきつかったので、処方から外されました。
当時の医師は、効く人にはてきめんに効くこともあるとのことでした。
私の場合、昔からある薬の方が効き目があります。
人それぞれですね。
2009年03月17日 08:09
お久しぶりです。体調はどうですか?

私の場合、パキシルを中心に薬を処方してもらっています。他の薬も試しましたが、一番今のところ副作用が少ないようです。

また、精神福祉センターへ相談しようとメールにて連絡を取りましたが、メールでなく電話と返信がありました。電話ですと体調を崩す可能性(不安障害)ので、今度親に連絡を取ってもらうことになりました。まず小さな一歩進みました。ありがとうございます。
2009年03月17日 11:07
諒さんへ
私の場合、パキシルは、興奮状態や怒りっぽくなったりました。(元の躁うつ病とは別)複数の専門家がその様子も知っています。私の病院では、今では従来型三環系の方が抗うつの効果が高い(副作用もそれなりですが)とされています。落ち着けば何でも良いんですが。
2009年03月17日 11:22
みつちゃんさんへ
私の更新、気まぐれなので・・( ^^) _U~~スミマセン。体調・・??ブログを書けるくらい。

今のうつ病圏内の方の半数の方は、パキシルなどのSSRIを使っているようです。ただ、有効に作用しているかと言うと・・・発売当初のふれこみと、だいぶギャップがあるのかなと思っています。作用すれば何でも良いですが。

メールだと、コミュニケーションのすれ違いを埋めるのに時間が掛かったり、やり取りが大変になったりする為、電話になったのではと思います。いい情報が入ること、私も期待しています。

この記事へのトラックバック