続 薬のこと

今までとは全く違う発想で作られた寝る為の薬「ラメルテオン」を今回処方してもらおうと思ったら、

発売されているものの、私の病院では、院内の審査がずれ込み、さらに夏は審査もお休みになるらしく

秋以降に使う事になった。


薬局では、新たに2つの薬がジェネリックになった。会話の中で、いっぺんに移行しないように

配慮されていた。

ちなみにジェネリックになったおかげで、減った薬代は、月にして約500円-

でも、実際に掛かっている額は、1割だから・・・国は4500円程度の負担軽減にもなってはず。

年間にすれば、54000円也。


勘違いされたくないので書くが、私はジェネリック推進派ではないし、

かといって、薬局や病院の味方でもありません。

もちろん、厚労省なんて・・書いているだけで蹴りを入れたくなる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック