躁のこと 6

タイトルわきの数字、出来るだけ増やしたいと思っています。
・・・

躁の時、自分の考えを知ってもらおうと極端に頑張るところがあります。

それにプライドも高い状態が続きます。

で・・この状態の時に自分の周囲の人に対して、トラブルを起こす傾向が強くなります。

状態が酷い人は、閉鎖病棟やさらに配慮が必要な場合は、保護室で過ごす方もいます。

(大抵、一か月もあれば、安定したとして他の患者さんと変わらない扱いで、一般的な病室にうつります。)

ただ、タイミングが悪いと、躁うつ病の患者さん同士で、派手な喧嘩になることもあるそうです。

ちなみに、私は躁になると主治医から、指導を受けていて、とにかく人と関わることを避けて、

やりたいことがあっても必要最小限に抑え、さらに外出も控え、安静を目指すように言われています。

簡単なことのように思えるのですが、これが躁になるとまったくもって簡単に出来ないのです。

病気を抑える為に完璧でも目指せばいいんでしょうが・・。食欲ににているかも。

私の場合、躁が激しく終わるとその分、うつも強くでます。・・これもかな。

・・・

頭が変な時に(躁でもうつでも)訴えたいこと山ほどあるのに、自分は病気を上手く伝えきれないだよね。

次は、躁の立ち上がりのきっかけについての予定。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック