バイポーラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 離婚理由

<<   作成日時 : 2019/05/09 10:40   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自分の味方に付いてくれるであろう弁護士さんに会ってきた。


家内の離婚理由が書かれた手紙を見てもらった。

その後・・

裁判で離婚する場合に必要な理由が5つあって

そのうち、自分に当てはまるのは

「その他婚姻を継続し難い重大な事由」

であることになるらしい。

予想していたが、とてもアバウトな理由だ。


で結論を言うと、裁判では負ける(至る離婚)公算が高いとのこと。

理由として、過去の事例を幾つも見ていて、そこからの判断との事。

このときは、不思議と驚かなかった、動揺もしなかった。

簡単に言えば、別れたいと言っている人間を無理にくっつけて置くのは

今の時代、よろしくないと言う判断をするらしい。

新婚間もないならまだしも、20年以上もも経っているならなおさら・・ってことらしい。


そして、勝算が見込めないことを納得できるなら

経済的なことを考えてくれて、自分で裁判することも勧められた。

(必要ないところまで、お金が取られそうなので、ひとりで臨むのは避けたいとは伝ええたが

まだ迷っている)


いい話には出会えなかったが

弁護士さんとの会話は1時間30分・・無料で相談に乗ってもらえた。


気が向けば、他の弁護士さんにも話を聞いてみようとは思う。

・・・予感として、どこへ行っても同じ回答で、法律の狭い世界で

結局は結論が戦う前から出されてしまっている気がする。





しばらく前から頭に引っかかっていたことがあった。

自分が裁判で勝った場合、家内が仮に戻って来たとして

昔のような生活にはならないのではということ。

冷めた生活になる可能性が高いように思っていた。

自分としてはそれも忍耐でなんとかとは思えども・・。

あるいは、家内は裁判後も戻らず、別居を続けることもあり得るのではと

持久戦で逃げ切ることもあり得るのかなと・・・。



結局は、家内は、自分に背を向ける行為をやめない限り

うちには幸せが戻ることがないのだろうなと・・。

自分としては、サクセスストーリーが浮かばない。




なんかどうでもよくなってきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
離婚理由 バイポーラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる