生活

ボディーブローのように時間が経つにつれて

将来の不安が重くのしかかってくる感じ。

離婚が決まったら、自分は生きていけるのだろうか。

一番、困っていること、辛いことは、色んなことを相談できる人がいない点。



なぜ、ここまで自殺願望と戦って生きてきたのか分からない。



昨日、生活の足である自転車があちこちガタが出てきたので

購入した店に持ち込んで点検してもらった。

なんとタイヤが両輪とも寿命だと言われた。

購入したのは、去年の8月で、まだ9ヶ月経っていない。

元々、こういうこともあると思って、少し高めの国内有名メーカーにしたのに。

廉価版だと国内メーカーでも、中華製を多用しているみたいだ。

タイヤの件も含めて他の部分の不具合をすべて直すと少なくても1万5000円掛かると言われた。

無名メーカーの新しい自転車が買えるって。

・・・でも、一年持たないのだろうか・・。

自分で治すことも考えた。

工具を含めて、1万円までは、掛からないだろうけど

今の自転車にお金を掛けても良いものかとも思う。


いっそ、原チャリを考えたほうがいいとか・・・





何でこんなことで頭を使わないといけないのだろうか。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック