通帳

家内は、2つの通帳を机に叩きつけて出て行った。

どちらも自分名義で

ひとつは、主として障害年金が入る通帳。

もうひとつは、家賃、光熱費や通信費、年金の掛け金が出ていく通帳。

2つある理由は、一方は、年金が入っているほうは、身内のしがらみで解約しにくく継続していて

もう一方は、引き落としの銀行が指定されていて、使うしかないため。


自分は、家内に長い間(20年以上)通帳を取られていた。

理由は、病気のため。

・・双極性障害・・躁うつ病は、躁の時にお金を散財することが多々ある。

自分も過去に大金を使う2歩ぐらい手前まで行ったことがあった。

20年以上も前に一度、大型のSUVを買おうと言ったことがあった。

明らかに病気の最中だったけど、自分はおかしい頭で

自分がおかしいことを理解して、買うという考えを捨てた。

結局、車屋にパンフレットをもらって終わったのだけど

家内からするとそれが恐怖だったらしく、その時に通帳を取られた。

そしてその時以来、自分は10万を超えるようなものを買うことがなくなった。

欲しいと言うものを毎回、お伺いを立てて、その返答待ち・・・ほとんどは却下された。

ちなみに病状が安定しているのに、一方的にお金を使わせない行為は

今は違法になる。(罰則はないけど)




一番書きたかったことは、自分は通帳を把握していなかった期間が長いため

お金がどのように管理されていたのか、また出費などもいまだに把握できないということ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック