テーマ:

薬の話 1 は削除しました。

リーマスの起債で、誤った記載をし、それにつながる内容も信ぴょう性も問題があると 判断し、削除しました。 指摘してくれた方に感謝します。 リーマス・・Lithium manic depressive Psychosis からきているとの事でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先日の診察にて

新しいタイプの睡眠薬として、ラメルテオン(商品名:ロゼレム) が7月から登場して そろそろ病院内の治験も終わったころと思い、主治医に、長く使ってきたベンゾジアゼピン系催眠薬である 「サイレース」からの移行を申し出た。 しかし、帰って来た返事は・・ NG。 理由は、内科医の患者さんで不眠を訴えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 薬のこと

今までとは全く違う発想で作られた寝る為の薬「ラメルテオン」を今回処方してもらおうと思ったら、 発売されているものの、私の病院では、院内の審査がずれ込み、さらに夏は審査もお休みになるらしく 秋以降に使う事になった。 薬局では、新たに2つの薬がジェネリックになった。会話の中で、いっぺんに移行しないように 配慮され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、てんかんの薬を使うか?

双極性障害って言葉は、日本では、精々10年前から普及し始めた言葉です。 その前は、躁うつ病としか言わなかった。 で、本題! これは主治医経由の話です。 かつて、てんかんと躁うつ病の両方を持つ患者さんがいました。 そこに、あるてんかんの薬を投与した所、躁うつの波も穏やかになったことが始まり! そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬のこと(手直し)

日本の場合、精神疾患の薬のほとんどは 国外で作られている。 そこには、優秀な日本人も参加して薬を開発するのだけど 最初にやることは、動物実験。 次に同意を得た比較的少数の患者を対象に治験が行われる。(フェーズ2)・・実質、実験台と言えるのはこの方達だけだ。(大体の薬は、副作用が酷いなど、ここでNGになる。)通過で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原因

先日、主治医との話の中で、話の流れから、うつ病の原因について改めて説明があった。 (うつ病は、私と主治医の間では、躁うつ病を含む意味合いで使います。正確には、今ではこの2つを気分障害と言います。) >もちろん、原因は解明されていません。 一部に色んな脳内物質云々で納得する人いるけど、・・・病気の過程にあることで、原因じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

興味深いデータ

抗うつ剤の売り上げ:100,000,000,000円/年 新世代型抗うつ剤(SSRI+SNRI)売り上げ:72,000,000,000円/年 各国の抗不安薬の処方件数 日本 約1億2千万件 ※ 米国・フランス 約2000万件   英国・ドイツ・イタリア・スペイン 2000万件以下 睡眠・鎮静剤(主にベンゾジアゼピン)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠薬と食欲

私が一日の中で、かろうじて元気だった頃に近い心になれるのが、今の時間。 理由は、20年以上も変更することのなかった睡眠薬がここ数年で、 効き目を感じるようになった為。 主治医に話してはいないが、きっと年齢のせいだと思う。 さてその睡眠薬は、サイレースという薬。 知っている方もいると思いますが、この薬、実は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

依存ってなんだ

依存は、ネットの辞書によると「他に頼って存在、または生活すること。」とある。 では、人である以上「他に頼って存在、または生活すること。」をしないで生きる人っているのかと素直に考えてみる。そんな人間は、無人島で一人暮らしでもしている不便な生活を送っている人しか思い浮かばない。 ・・・ ただ、残念なことにここ日本において、依存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の精神医療(修正後再投入)

日本の精神疾患の全般の統括は、日本精神神経学会が、行っています。 会員数は、13,796名(2008年5月現在)と国内の精神を取り扱う医師の間では、最大の組織となっています。 歴史も、1902年に日本神経学会という名称から始まり、今年第105回目の総会を行う程の組織です。 世界的にも目を向けて、上位に世界精神医学会など今で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりごと

眠剤より 古いタイプの花粉症の薬の方が よっぽど、眠るのには効果があると思う。 調べてみたけど、化学式で、頭がフリーズ。 これも聞くしかないか・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔の処方

この処方記録は、私が初めて、SSRIを処方された時のもの。 この当時、精神医療業界では、SSRIの有効性が散々アメリカからのデータで、画期的な薬として騒がれていた。国の認可が待てずに、個人輸入をしていた人もいた。 私もそれを信じていた。 ・・・ 10年近く使われてきた実情は・・私にはとてもじゃないが楽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新薬変更ならず。

ラモトリジンの投与の話になった。 懸念していたように新薬適用の審査と薬局が厳しくなった為、 簡単に投与出来できないので、様子見をさせて欲しいとのこと。 (先生、昨年はOK出してたじゃんって・・言ってみたけどダメでした。) この薬には立派なチェックシート(gskだもんね。)があり、それを見せてもらうと面倒そうだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠薬への偏見

http://www.kaimin.info/part/usohonto/index.html (ソース:快眠推進委員会) 偶然見つけたサイトです。 比較的良心的に解説されていると思います。 ・・・・・・・正論ですが・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅れましたが・・

DNAによって、その人にあった薬(副作用を避ける)を出せる話ですが・・・ 確かに20年位前から既に研究されているそうです。 ただ現状で、精神疾患の場合に限ると、悪性症候群というかなり稀な例の副作用で、DNAを識別して分かるものや お年寄りの場合に見られる遅発生ディスキネジアが懸念される、かなり限らたケースだけのようです…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

どうなっている?

乱用が問題化している向精神薬「リタリン」をインターネットを通じ販売したとして、宮城県警生活環境課と角田署は25日、薬事法と麻薬・向精神薬取締法違反の疑いで、東京都*****無職****容疑者(31)を逮捕した。  自宅の捜索で、リタリンとみられる錠剤約4000錠を押収。嶋谷容疑者は「医者をはしごして買った」と供述し、容疑を認めてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

依存についての考察

よく精神疾患患者の間で、盛んに依存と言う言葉に敏感に反応して、特に信頼すべき医者に相談することもなく薬をそのような対象として、患者サイドでも書かれてる方がいる。 これがブログにおいて、不確かな思い込みで広がる傾向を、私は危惧します。依存しちゃいけないから・・薬をやめたなんて言うのは、私から言わせれば 患者の立場を度返しした危…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

診察にていろいろ

水曜日の診察での事、大抵お盆休みの時期は、他の患者さんが、帰省などで少なくなる為、私にとって、ゆっくり主治医と話が出来、興味深い、あるいは、気になる医療動向を聞くにはうってつけとあって、色々、聞いてきました。 なお、ここから書く内容は、精神疾患は、必ず治ると信じていらっしゃる方には、有益な情報では、ないので、読まれないほうが、ご自…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薬価の認識

●デパケンR 規格単位 200mg1錠 薬価 24.60 を一日に3錠よって、73.8円 ●リーマス 規格単位 200mg1錠 薬価 26.20 を一日に3錠よって、78.6円 ●サイレース(睡眠薬) 規格単位 2mg1錠 薬価 28.10 を一日に一錠よって 28.1円 合計すると 毎日毎日、73.8+7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向精神薬とお酒

私自身の事を少し書きます。 私は、病気を発病してして以来、大きく分けると 1.病院に行く事さえ、判断できずに、普通の人が嫌なことを忘れる事があるなら、その効果を期待して、安易に大量に飲んだ時期。 2.精神科に通院できるようになって、指示に従い、極力お酒を控えていた時期(無論、病気の回復を願い信じていた時期) 3.人生を諦めて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

薬物治療アルゴリズム(2/2)

前記事に続きです。 2. 非精神病性大うつ病(重症)の薬物治療アルゴリズム1) DSM-IVにより精神病症状を伴わない重症うつ病と診断された場合は、TCA、non-TCA、SSRI、SNRIが第一選択薬となる。また、速やかな症状の改善を優先する場合は、ECT(電気けいれん療法)を選択する。2回目の治療選択以降は、基本…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

薬物治療アルゴリズム(1/2)

1. 大うつ病(軽症・中等症)の薬物治療アルゴリズム1) 軽症・中等症のうつ病に対する、第一選択薬はSSRI・SNRIとされている。不安の強いうつ病の場合は、抗うつ薬の効果がでるまでの方策として、初期に限ってベンゾジアゼピン系抗不安薬の併用が認められている。ただし、4週を超えての漫然とした使用は依存などの問題を引き起こすため、控…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病のタイプ

本来、別の事(日本うつ病学会の“とある情報”)でブログを書こうと思いましたが、うつ病のタイプと薬の関係で分かり易いサイトがあり、私なりに掲載します。 情報元は、うつ病ドリル(http://server343.dyndns.org/utu/) さんからのものです。 うつ病のタイプ (http://server343.dynd…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

癖(支離滅裂あり)

私と同じ種類の病気(私自身は、本当は総称として、精神病と書きたいのですが、嫌う人もいるのでいつも迷う。)の方々のブログなり、HPなりを見ると必ず観てしまうのが、薬。 メジャー(トランキライザー)かマイナーかでまず見てしまう。無論、お酒に例えるなら度数が高ければ、よく酔えると言うものでもない事は分かるのですが。また新薬情報を書かれて…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more