テーマ:気分障害

自分と闘うと言う事

昨日、うつ病を患われている(いた)俳優さんのドラマ化がされる記事を見た。 配給元は、日テレである。とかく、サクセスストーリーが大好きなテレビ局であり(私の主観ですが、長く精神医療の報道姿勢が一番偏っている局と思っています。)お涙頂戴大好き局で、個人的にドラマ部門は好きになれない局です。 そんなもんで、非常に危機感を感じてしま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

私の診察向けの覚書 1

双極性の分類における判定基準の情報の正確さを精査したい。(まずは、タイプ分けについての見解である。一方的に患者側から、自己防衛と論理武装を感じてしまう記事が私には、違和感があり、それがあたかも正しい風潮になる事を懸念している。) 双極性の定義すらまともではない部分がある。これは明らかに私は、医療側の怠慢であると思っている。この点を…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

低調のち・・・?

先週末から、体調に変化があり、不安定な状況。 睡眠前のテンションと睡眠後のテンションがはっきり、別人のように変化する。いわゆる躁鬱特有の日内変動・・・。睡眠後にうつの典型的な苦痛を味わう。昨日は、耐えかねて、ベットにて、ふて寝をきめこんだ。 生活上の大きな変化のない場合でも、私の場合、ほとんどのケース、原因は不明で、このよう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

病院や医師の見極め

私の病院では、相変わらず、一般の個人のクリニックや心療内科から、見捨てられた患者さんや見切りをつけた患者さんが舞い込んでくる。しかも、関東からもやってくる。その時にいつも思うのは、楽な仕事ばかりしている見栄えがキレイな医者が多い事。診察室からの怒号を聞く事も相変わらず。 多くの場合、私からすれば、患者の立場を悪用するやからは、宣伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機首が堕ちている

この12月の時期は、過去において、忙しさにまぎれて、比較的、一年を通して平穏に近い時期だったのだが、昨日は、まったく動けない自分がいた。一日寝込んでいた。 目覚めると、寝る前のテンションとは、かけ離れたウツが出迎えた。 理由は、分からない。 起きてもイライラとあせりが空回り。 本当は、家内の車に無料で手に入れたE…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

むかしのはなし

12月8日は、実は、入籍した日。今からさかのぼる事、12年前でした。 当時、私は、前主治医に完治しかかっていて、治る事を宣言されていました。(注意:寛解と言う言葉はなかった。)その事は、家内もしっかり覚えています。なにせ、私は、病気を理解を示してくれる人だったらと言う事で、5回程度、家内を診察で説明を仰いだので。 この当時の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

温泉にて

温泉(郊外型スーパー銭湯)にて 私は、露天風呂の出入り口付近のベンチにて、雪の降る中、涼んでいた。入浴して1時間は経過していてだいぶのぼせていた。 出入り口付近とあって、当たり前のことなのだが、露天に出た瞬間、版を押したように、誰もが第一声に「さむい」と叫ぶ。本当に面白いくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死について

実は、昨日、雪が舞う中、郊外型映画館と近くの温泉に行った時の事を振り返り・・ 仙台の街中では、もう映画を見るとなると、見る事が困難になっていて、郊外型のお店ばかり。見た映画は・・興味のある方は、推測してみてください。 ヒントは、死が怖くなくなると言うもの・・私が、ブログを拝見している方が既にコメントされていて、そのコメントと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メール・・・もろもろ

いつも、電話で状況を知らせてくれる友人からメールが届く・・・? 電話代が半端ではない程、掛かった為、やむなくメールにしたとの事・・・もっと早く気が付いてあげればよかった・・。週に合計で2時間前後も話していたのだから・・・ちなみに県外での携帯(相手)とイエ電(私)。 この方は、私と同じ双極性の方。躁気味で、今年の夏場から電話数…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

図書館

先週の土曜に久々・・図書館へ行ってみた・・ 目的は、先月亡くなった 犬丸 りん さん(ウィキペディアへリンク)の本が気になって・・・ おじゃる丸 に出てくる うすいさちよ との因果関係?!が、エッセイとかで、なにか見つからないかなと思いいくも、不発でした。昔っから作者ご自身の事を書いていたのではと思っていたので・・紅茶のティ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幾つかの自分(~支離滅裂もありさ~)

まずは、自分と言うものを性格と言う非常に“あいまい”な観点から考えてみた。自分の場合、7変化とは言わないまでも、性格の変化を実感できる。例として4パターン。 1.病前の性格:一般的に言われる真面目では無いと思っているし、私の病前の性格を知っている人間に聞いても、真っ先にお前がなるなら、俺の方がなるだろうと言った感じで、私も納得して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

薬価の認識

●デパケンR 規格単位 200mg1錠 薬価 24.60 を一日に3錠よって、73.8円 ●リーマス 規格単位 200mg1錠 薬価 26.20 を一日に3錠よって、78.6円 ●サイレース(睡眠薬) 規格単位 2mg1錠 薬価 28.10 を一日に一錠よって 28.1円 合計すると 毎日毎日、73.8+7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~抗うつ剤でタリラリラン~

ちょっと、気難しい記事が続いているので、先日、ブック・オフで100円で、カミサンが購入してきた本の項目を記事のタイトルとして、使わせていただきました。 結構、以前から気になっていた本だったのですが、中々、私のところまで届くには、時間が掛かってしまいます。 この本の作者は、2004年7月26日に亡くなった 中島らもさん。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

心の苦痛の表現・・・グラフ化

うつ病等を発病した場合、どのように苦しさを訴えるかと言うのは、 相手にもよりますが ●家族が真っ先に出てくると思います。しかしながら、専門医の診察に至り、家族への適切な指導が行われない限り、不幸にして、家族が、下手をすれば、病気の悪化を与えると言う悲惨な状況も今でも続いている事を、多くのブログから感じます。比較的、発病してからの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつの番組(訂正2)

プレミアム10にて、女性の“うつ”がテーマです▽実際にうつを経験した女性達がスタジオで体験談と回復へのヒントを語り合います を見ちゃったんだよね。 今まで、日に当らなかった女性にターゲットを絞った点は、評価します。私の母親も亡くなった祖母もそうであった訳だし・・。 【以下は、怒りの記載です。】 1.番組構成のだら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薬物治療アルゴリズム(1/2)

1. 大うつ病(軽症・中等症)の薬物治療アルゴリズム1) 軽症・中等症のうつ病に対する、第一選択薬はSSRI・SNRIとされている。不安の強いうつ病の場合は、抗うつ薬の効果がでるまでの方策として、初期に限ってベンゾジアゼピン系抗不安薬の併用が認められている。ただし、4週を超えての漫然とした使用は依存などの問題を引き起こすため、控…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レセプト

精神科の治療において、私が一番多く、支払っているのが、精神療法と言ういわゆるカウンセリングである。レセプト(診療報酬明細書)での点数は私の場合、320点である。 320点って・・・約3040円程度。このほかに、投薬や(ちょっとマユツバな)基本診察などを加えると軽く、5千円~1万円と言う事になる。 現実には、1割負担なので、5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空しさ

●家族から一方的に入院中、縁を切られて生活している人がいる。天涯孤独。 ●親に理解を得られず、家族に自ら縁を切った人もいる。 ●金銭など死ぬまで困らない生活環境だったにも関わらず、死の衝動で亡くなった人もいる。 ●トラックに飛び込み、入院したもの無事退院後、妻子からの離婚を受け入れた人もいる。 ●糖尿病も抱えなが…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

鬱、うつ病等の情報の乱立から統一を望む。

こんなタイトルを書いて、私自体同じむじなになりたくはないと思い書いています。 しかしながら、同じ病気の種類と言う大括りでは、情報元のデータが元になっているものであり、それが、アメーバーのごとく、情報劣化を招き、特に、医療側やNHKなどの社会的責任を持ったもの達の利権や自己の保身を主張されるHP(ホームページ)が乱立している事に憤り…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

うつ病のタイプ

本来、別の事(日本うつ病学会の“とある情報”)でブログを書こうと思いましたが、うつ病のタイプと薬の関係で分かり易いサイトがあり、私なりに掲載します。 情報元は、うつ病ドリル(http://server343.dyndns.org/utu/) さんからのものです。 うつ病のタイプ (http://server343.dynd…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more