テーマ:精神病

正確なデータが欲しいこの頃

女性の“うつ”(前記事)の中の数値について、調べ物をしていたら、なかなか見つける事が出来ないでいます。 何かと言うと 女性は男性の2倍の割合 と言う点 実は、この数値、私の過去の診療時に話題になった数値なので、はじめは、気にしていなかったのですが・・・他の方々のブログを読んで、その考えは飛躍しすぎで、新たな偏見を生む事を恐れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薬物治療アルゴリズム(2/2)

前記事に続きです。 2. 非精神病性大うつ病(重症)の薬物治療アルゴリズム1) DSM-IVにより精神病症状を伴わない重症うつ病と診断された場合は、TCA、non-TCA、SSRI、SNRIが第一選択薬となる。また、速やかな症状の改善を優先する場合は、ECT(電気けいれん療法)を選択する。2回目の治療選択以降は、基本…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

比喩の危険

心の風邪を本日現在、Yahoo! JAPANのポータルサイトで検索すると ヒット数はなんと約53,800件 - 0.03秒と言う私から言わせれば、恐怖心を伴う結果となっています。昨年の今頃はまだ少なかったのですが・・。 心の風邪と言う風潮は、前記事のコメントに記載しましたが、日本の精神医療の大本である大本営的な場で大問題となった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難治性について

精神疾患のついて、出来るだけ正確に伝えたいと言う気持ちは、私は、発病以来、一貫して変わっていない。 理由は、私自身が、医療サイドから一方的にと断言できる程の間違った情報にほんろうされていた経緯からである。未だにその傾向をどうしても感じてしまう。 多くのもっともらしい医師や患者サイドの情報が私には、まったくそぐわないと感じる事…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

精神疾患患者と言えば(5)

タイトルに限界かな?はじめは、分け隔てなく、一般論的に書きたかったのですが、 振り返ると一般の方がイメージするだろう事を私の目から記述したかった趣旨だったのですが 精神疾患と言っても多岐に渡り、ひとまとめにするのが無理な部分もあって、このタイトルは、一応、今回で〆にします。 本題の前に言い訳: 私が通院している精神科で主に扱…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

精神疾患患者と言えば(4)

本記事は、書く事をどうしようかと思いながら、書く事にします。 多大な偏見を伴う精神障害者の犯罪報道 法務省の犯罪白書によると(http://www.moj.go.jp/HOUSO/hakusho2.html) 平成17年版 犯罪白書のあらましとして、 精神障害者の犯罪    平成16年における一般刑法犯検挙人員のうち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

精神疾患患者と言えば(3)

【イントロ】 本タイトルの“精神疾患患者と言えば”で勧めて書いていいのかなと思いつつ、書こうと思った当初は8回位は書けるだろうと思ったのですが、内容の質が、自分の本意に合わずに低下する事はいやだなと思いつつ・・。 【本題】 切ってもキレない薬のお話です。基本的に、精神科領域での多くの患者さんの治療は、 薬物治療。 私が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

精神疾患患者と言えば(2)

閉鎖病棟の事を書いてみます。 【前置き】 私自身は、精神科での入院経験は、ありません。しかしながら、ここ十年において、入院を選択するように強く勧められた経緯は、3度、持っています。(大うつの酷い時ではなく、そう状態の悪化により、神経を高ぶりを抑える為の言わば、情報遮断の意味合いでした。)神経を高ぶりは、周囲にも多大な迷惑にもなりうる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

精神疾患患者と言えば(1)

【はじめに】意外と書いている方が私の範疇でいらっしゃらないので、私の経験から書いてみようと思いました。(もしご存知の方がいたら、HPでもブログでも紹介頂けたら幸いです。) べてるの家(いつもコメントを頂いているまさぴょんさんの記事で幻聴を目にして・・・そう言えば必ずと言って良い程出てくる疾患者の症状。 苦しんでいる人にとってはこれほ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

色々、書いてみる。

私の知人の事で少し書いた事がありますが、病気を理由に家族から見放された人が数人と逆に家族と決別した知人もいます。 また、昨今の私の住んでいる東北地区の現状を考えると・・書きたくなったので書きます。 孤独な状況で精神病を抱えてる状況が多く、実際問題、病状悪化等で・・状況を把握せずに、“家族の方のことを考えて、自殺を駄目的な事を…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

SSRIについての私個人の考察。

SSRIは、壊れたエンジンにターボやスーパーチャージャーをパッチ的に与える感が私には、強かったです。(この件は、既に日本での解禁以前から集めた情報と私が約1年間の臨床から現医師とのやり取りで得た体験を元に書いています。) 下駄を履いたあるいは、履かせられたと言う思いが、今でも残っています。違和感ありで、真の自分と思えなかったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔、精神病者監護法あった事、知ってますか?

明治33年にできた精神病者監護法という法律 精神病患者、結核患者、身体障害者、知的障害者などがみんな非国民とというレッテルを貼られる。戦争に役に立たない者を非国民。 監護法ですが、これは精神病患者を街に出すな、座敷牢でも物置でもいいから閉じ込めておけという発想に基いています。こうした政策は戦後も続き、今も精神病患者の最終的責…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

電気けいれん療法(修正ECT)について

私は、正直、この方法は、好きになれない部分があります。 (この件は、母の治療体験を私が、主観的に書くものとご理解ください。) 母の場合、3年前に初めて電気けいれん療法(修正ECT)と言う方法を持ちました。 利点は、 1.ブリーフパルスと言う患者の負荷を軽減し、無痙攣の為の、全身麻酔 で行う為、苦痛がない。危険度が低い治療で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ぷらす思考、まいなす思考

私の場合、ある心地良い状況では、+思考しか出来ない状況に陥る病状を顔を出す事がある。 以前に書いた躁状態(前編 後編の2)の時である。どんなに困難に感じていた事も突拍子もない事から、アイデアが湯水のように湧き出る。 一方、精神疾患を発病して以来、大部分を占めるうつ病の症状の急性期には、私は、-思考しか出来ない。やり過ごす事、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「お騒がせしております。」について

「お騒がせしております。」について 初めまして。私は 【死のうとする気持ちがどうしても分からない】方が、自殺願望を持っている方に(病状の一部です。)コメントされる行為を理解できません。 年間3万人の自殺者が居て、家族の事を思わずして死んでいく方が、逆にいらっしゃるとおもわれますか・・。余りにも亡くなった方々に対して、あるいは遺…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

体制構築の始まり

自殺対策基本法が成立=行政側の防止策・親族支援を明記  自殺防止や自殺者の親族を支援するために国や地方自治体が取り組むべき方策などを定めた自殺対策基本法が15日午後の衆院本会議で、全会一致で可決、成立した。年間3万人を超える自殺者の減少に向けた、社会全体の体制構築を目的としており、事業主に労働者の心のケアに努めることも求めている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レセプト

精神科の治療において、私が一番多く、支払っているのが、精神療法と言ういわゆるカウンセリングである。レセプト(診療報酬明細書)での点数は私の場合、320点である。 320点って・・・約3040円程度。このほかに、投薬や(ちょっとマユツバな)基本診察などを加えると軽く、5千円~1万円と言う事になる。 現実には、1割負担なので、5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お中元シーズンの光景

お中元の時期に思う事。 いつも私は、この時期と年末に、嫌な思いをします。何かかと言うと医師に対してのお中元等を贈る行為です。 私は、数年前に、私ごとではなかったものの、誤解や不公平を訴える患者さんを見て、このような行為を行うべきではないと思いました。 どのような事かと言うと 経済的に困っている患者さんにとっては、それ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

空しさ

●家族から一方的に入院中、縁を切られて生活している人がいる。天涯孤独。 ●親に理解を得られず、家族に自ら縁を切った人もいる。 ●金銭など死ぬまで困らない生活環境だったにも関わらず、死の衝動で亡くなった人もいる。 ●トラックに飛び込み、入院したもの無事退院後、妻子からの離婚を受け入れた人もいる。 ●糖尿病も抱えなが…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

メインメモリ

私の今使っているノートPCは、約1日でメインメモリの消費が一杯で、再起動をしている。 (ガベージコレクションの処理が出来ていないのだと思う。以前はメモリクリーナーなどを使っていたが、再起動の方がすっきりする。) 使用環境は:OSは、WinXPでアップデートは自動更新で最新にはしている。 メインメモリーは、256MB。今時として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うつ病のタイプ

本来、別の事(日本うつ病学会の“とある情報”)でブログを書こうと思いましたが、うつ病のタイプと薬の関係で分かり易いサイトがあり、私なりに掲載します。 情報元は、うつ病ドリル(http://server343.dyndns.org/utu/) さんからのものです。 うつ病のタイプ (http://server343.dynd…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

癖(支離滅裂あり)

私と同じ種類の病気(私自身は、本当は総称として、精神病と書きたいのですが、嫌う人もいるのでいつも迷う。)の方々のブログなり、HPなりを見ると必ず観てしまうのが、薬。 メジャー(トランキライザー)かマイナーかでまず見てしまう。無論、お酒に例えるなら度数が高ければ、よく酔えると言うものでもない事は分かるのですが。また新薬情報を書かれて…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

躁2

前記事からの続きです。 4.観念奔逸、またはいくつもの考えが競い合っているという主観的な体験 >観念奔逸 は、専門用語なので・・意味はと言うと 思考制止の反対。思考進行が早く、着想も豊富。着想は次々の飛躍し、論理的な結びつきは浅く、全体として何を言っているのか分からない。と言う記載がありました。 私の場合、…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

下記はあるページがらの転機です。 躁病エピソードの症状とされるものは下記です。  1.自尊心の肥大、または誇大  2.睡眠欲求の減少  3.普段より多弁であるか、喋りつづけようとする心迫  4.観念奔逸、またはいくつもの考えが競い合っているという主観的な体験  5.注意散漫  6.目標志向性の活動の増加、または精神…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

MSNサーチ

MSNサーチと言うメルマガを観ているとしょっぱなに 五月晴れの少ない今年ですが、「五月病」や、「うつ病」の検索は意外と少なめ。一方、連休中に体重が増えた人が多いのか、「ダイエット」の検索は堅調、「白インゲン豆」も先週急上昇しました。・・・・・ 私みたいに連休との相関関係を気にする人もいるのかと思った。そして、 「うつ病」に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

私の生のエネルギー源

うつ病を持ってから既に20年以上になる。 私の生き残っているエネルギー源は、私と言う人を受け入れてくれる人が、周りに増えて欲しいと言う思いだけなのだが・・。 しかしながら、私の想いとは逆な事があまりにも多い。それが怒りとなる。 私の天敵は 1.真摯に医療に向き合っていない医療関係者。特に精神科医にはびこるケースがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性格とうつ病

以前も書いたかもしれません。 一般に うつ病になりやすい性格と言った記載が多くある。 例えば、責任感が強いなどは、耳たこ状態である。 実は過去の話と私は思っている。 ウィキペディアより 「うつ病にかかりやすい病前性格」が存在すると信じられていた時代があった(例:メランコリー親和型性格、執着性格、循環性格など)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

死と偽善者の殺人(追記:死者を出した名古屋のアイ・メンタルスクールへの憎悪)

うつの一番酷かった時期の自分への葛藤の中にあったものに あと1分、あと1秒だけ耐えよう。そして、目に入るものに対して、あの映像や景色が見えるまで何とかと思っていました。ちょうどマラソン選手が目印にしているものを通過するまでと言ったものに近いと思います。(生きるべきか否か)5,6年続きました。 この当時の感覚では、一分、一秒が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活保護

私は、生活保護を受けてはいないのだが、以前から気になっていることがある。 よく世論では、生活保護を受けておいて、パチンコなど遊興費につぎ込んでいるトンでもないやつがいる・・なんて簡単に発言できる真面目な立場の世間知らずがいるなと思ったりする。 私自身も遊興費を全面的に推奨などはしないが・・ ただ、生活保護を受けているも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死(追記)

ここ数年やっと日本でも耳にする言葉である。・・・尊厳死 実は、私は、2年程前から私の精神疾患(双極性Ⅱ型+α)において、 尊厳死を認めて欲しいと主治医に求めている。 正確に言えば、死に至った場合、尊厳死として捉えて欲しいとの意味合いもある。 無論、おんぼろな法的にも認めらていないし、主治医自体も本来、病気を治す立場の人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more