テーマ:うつ病

私がここ2,3年で知った「認知行動療法」について

○「認知行動療法」は、ある特定のうつ病の患者さんしか対象にならない。 1.うつ病が軽快かせめて中程度であること。・・当たり前の話だが、重い患者さんは治療など出来ない。寝たきりや睡眠障害を持っていたりすれば、普通の通院より病院に出向くことにもなる治療だけにすべての患者さんに有効とは行かない。 精々、対象者は、回復期に入った、職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「認知行動療法」の思い出

「認知行動療法」は、かなり昔からあった。 少なくても20年以上も前の文献で、私は目にしている。 その当時、残念ながら、精神科の現場では、「認知行動療法」は 箸にも棒にも掛らぬ扱いをしていた経緯がある。 で、実はこの時期に、私は「認知行動療法」を行うところを求めていた時があった。 (治ることを目指して何でもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手にしないつもりだったけど

★嫌いなことをしていると激しい抑うつ症状に  「五月病」は消えつつあるという。その代わりに台頭してきたのが「新型うつ病」だ。五月病は従来、新入社員や新入生が陥りやすい季節病だったが“うつ”はいまや年中行事になったようだ。  【新型の台頭で消失】  新年度が始まり新しい環境に馴染めず、その疲れがゴールデンウイーク明けに無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病はうつるか・・

私のブログのアクセスを見ていると 未だに昔書いた「うつ病はうつる」という趣旨の記事を見ていく方がいる。 まあ、普通に考えて欲しい。 もしうつるなら・・直接医療現場にいる医者や看護師は壊滅しているでしょう。でも現状は、ノコノコ偉そうにマスコミで公式発表ではない、勝手な記事を書く裕福な精神科医ばかり。 真面目な精神科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロならちゃんと調べて書け。

GW明けはご用心「職場のうつ病」 国、本格対策に乗り出す 仕事のストレスなどで起きる鬱病(うつびょう)などの精神疾患に対し、国が本格的な対策に乗り出している。長妻昭厚生労働相は労働者の健康診断項目に鬱病を加えることが可能か法改正を含め検討を指示。同省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」も、5月中にもまとめる提案に対策を盛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害年金に関する詐欺

障害年金:「攻略本」ネット販売、うつ病患者「2級」狙い 2009年12月19日 15時0分 更新:12月19日 16時9分  うつ病患者を対象に障害年金2級を受給することを目指したマニュアルが複数のウェブサイトで販売されている。2級に認定されやすくなるような診断書を主治医に書いてもらうための方法が書かれているが、不正請求を誘発す…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

うつ病の治るか治らないか

もーう、毎回出てくるか分からない議論。 基本的に 個々に主治医にちゃんと説明を受けるべき。(病名と予後、治療方針) まともな医師ならちゃんと、理由をつけて答える。 そこで納得できれば、ぶれ様もない。 ・・・ 他人から・・治らないも変だが、 絶対に治るも変。 私はそんな大切な事、不確定な事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑感

多くの人がうつ病で、苦しんでいる。 その中で、治ると言われて、治らない人が困惑し続けている現状がある。 たったこれだけの事実 それすら無視する偉そうな医者連中が、未だにあぐらかいているんだ・・。 昭和か? 何の根拠もないくせに。大多数の人間が納得出来る証拠を出せ。 治るなら患者が貯まる訳ないだろ・…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

続・・うつ病治療 常識が変わる

主治医先生が、本日から学生の受験のため、おそらく 先日のTVを見ていないだろうと思い、PSPに録画した映像を 診察に持ち込んで見た。 ●受付と同時に主治医と目が合い待ち時間0分。 診察室へ 最初に・・5分程度、診断に必要とされる内容(躁気味であること)をまとめて報告。 その後にNHK「うつ病治療 常識…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

うつ病治療 常識が変わる

http://bipolar.at.webry.info/200902/article_15.html も宜しければ うつ病治療 常識が変わる ・・私にはどこが変わったのか分からない。 ●悪意のある精神科の点は、私は以前から指摘しているし。長く病気を患っていれば、知っている人多いと思うけど。 ●病気の診断がしにく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc 13:2008年8月10日 14時4分 「仕事中はうつ 会社の外では元気」 こういう書き方が、うつ病への誤解や偏見を 助長している。 最低のメディア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc 9:2008年8月10日 14時2分 なんでもかんでも、病名つけたがりすぎ。 コメ欄中毒症、2ちゃん中毒症とか、なんでも病名つきそうだな。 あきれるぜ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc 贅沢な病気ですね。っていうか病気なんですか? 病気なんていってやらないでほしい。 そいつらは、病院に行って診断書をもらうことを、サボる手段にしようとしてるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc 7:2008年8月10日 14時0分 ただの我がまま、駄々っ子と一緒です。 文章の理解力のない幼いコメント。却下。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc 5:2008年8月10日 13時2分 精神的な強さなんて人によってまちまち 現実を受け止める器が大きい人もいればそうでない人もいると思う 誰かの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc 4:2008年8月10日 13時0分 単にグータラなだけだよ。不登校と言い、何でもかんでも病気にすればいいってモンじゃない。 どこにも本文に、そのような記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc 実力もねーくせにオレは凄いぜ! オレの凄さがわからんなんてダッセー! って態度の奴が多いよな。 下積みの重要性なんか全然理解できてねーの。 で、欝だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-jct-soci&s=created_at&o=asc にて 2:2008年8月10日 12時25分 気持ちは分かるけど、そういうヤツは自営業すれば? 気分にまかせて「調子がわるい」とかほざいてるとあっという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一問一答(馬鹿医者のフォロー)

続けられるかどうか分からないが、前の記事で、単純に感情を向きだしにしている連中を断罪しようと思う。現在6000件のかき込み。ちゃんと受け答えが出来れば、偏見が減るかもとかすかな思いで否定的な人間を断罪しようと思う。 http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080810-00000000-j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またも馬鹿医師2名が、マスコミの罠にはまり偏見助長で患者を苦しめる。

難しいこと書いてます。 仕事中はうつ 会社の外では元気 「新型うつ病」大流行の裏側 8月10日12時15分配信 J-CASTニュース  「新型うつ病」なるものが蔓延しているのだという。クリニックの予約を取ろうとしても患者が多すぎ、新患は3ヶ月も待たされる場合もあるそうだ。仕事中にだけうつになり、会社の外では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、うつ病になるのか

うつ病は、単なる心の問題(気持ちのもちよう)ではありません。 自分にとって大切なもの(対象)を失ったとき(心理的原因)、職場での人間関係や夫婦間・親子間の問題などが悪化したとき(環境的要因)、ストレスや慢性的な疲労がたまり身体のバランスを崩したとき(身体的要因)などからうつ病が発症します。特に、几帳面でまじめな性格の人(性格的要因)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正確なデータが欲しいこの頃

女性の“うつ”(前記事)の中の数値について、調べ物をしていたら、なかなか見つける事が出来ないでいます。 何かと言うと 女性は男性の2倍の割合 と言う点 実は、この数値、私の過去の診療時に話題になった数値なので、はじめは、気にしていなかったのですが・・・他の方々のブログを読んで、その考えは飛躍しすぎで、新たな偏見を生む事を恐れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うつの番組(訂正2)

プレミアム10にて、女性の“うつ”がテーマです▽実際にうつを経験した女性達がスタジオで体験談と回復へのヒントを語り合います を見ちゃったんだよね。 今まで、日に当らなかった女性にターゲットを絞った点は、評価します。私の母親も亡くなった祖母もそうであった訳だし・・。 【以下は、怒りの記載です。】 1.番組構成のだら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薬物治療アルゴリズム(2/2)

前記事に続きです。 2. 非精神病性大うつ病(重症)の薬物治療アルゴリズム1) DSM-IVにより精神病症状を伴わない重症うつ病と診断された場合は、TCA、non-TCA、SSRI、SNRIが第一選択薬となる。また、速やかな症状の改善を優先する場合は、ECT(電気けいれん療法)を選択する。2回目の治療選択以降は、基本…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

薬物治療アルゴリズム(1/2)

1. 大うつ病(軽症・中等症)の薬物治療アルゴリズム1) 軽症・中等症のうつ病に対する、第一選択薬はSSRI・SNRIとされている。不安の強いうつ病の場合は、抗うつ薬の効果がでるまでの方策として、初期に限ってベンゾジアゼピン系抗不安薬の併用が認められている。ただし、4週を超えての漫然とした使用は依存などの問題を引き起こすため、控…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の見解

自殺についての私の見解を、 1.私の経験 2.私の母親 3.交流のある精神疾患の仲間 4.私にとっては信頼たる医師 からの情報を元に書きます。 自殺の原因の元にうつ病を中心とする病気が中心にあると言う事は、ご周知頂けるものと思います。自殺者の9割は発病した状態だったと言うのが一般的と言われ、私もその考えを支持していま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「お騒がせしております。」について

「お騒がせしております。」について 初めまして。私は 【死のうとする気持ちがどうしても分からない】方が、自殺願望を持っている方に(病状の一部です。)コメントされる行為を理解できません。 年間3万人の自殺者が居て、家族の事を思わずして死んでいく方が、逆にいらっしゃるとおもわれますか・・。余りにも亡くなった方々に対して、あるいは遺…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more