テーマ:自殺予防

プロならちゃんと調べて書け。

GW明けはご用心「職場のうつ病」 国、本格対策に乗り出す 仕事のストレスなどで起きる鬱病(うつびょう)などの精神疾患に対し、国が本格的な対策に乗り出している。長妻昭厚生労働相は労働者の健康診断項目に鬱病を加えることが可能か法改正を含め検討を指示。同省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」も、5月中にもまとめる提案に対策を盛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

味方であるはずの家族からの仕打ち

少なくても私の周りの精神患者さんは、本来の病気と共に 会社組織など周囲や家族間でトラブルが起きることがほとんどである。 正に二重苦、三重苦。先行きも見えないし、 しかし、当事者がとうの昔に考え抜き、病状の中での苦の塊の中で 周囲は根拠のない自分の低い経験値を元に情報をどんどん身勝手に植え込む。 (大抵は、く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

頑張れの裏側にあるもの

精神科での教育において、 うつ病の患者さんに「頑張れ」と励ますことは禁忌 とされている。 ただし、これが、なぜ行けないことなのか理解できていない医師が結構いる。 10年前などは、日本テレビ系列等では、そのような不勉強な医師が、 診察風景を映像に映し出し、うつ病と判断を下した患者に対して、 最後に「頑張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤解される可能性を危惧してないのか。

自殺者の7割が精神科受診 抗うつ剤副作用疑う声も  自殺で亡くなった人の7割は精神科を受診し治療中だったことが、全国自死遺族連絡会(田中幸子世話人)の遺族への聞き取り調査で分かった。12年連続で自殺者が3万人を超える事態に、政府はうつの早期受診キャンペーンに乗り出している。予防効果を上げる治療の在り方などが問われそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自死、自殺についての考察(原案)

昨年末に今年の自殺者の数の事を書いた。 私の安易な予想とは異なり、景気と明らかに相関関係があると言っていい状態になっている。 そうなるとやっぱり、日本人は、他国に比べプライドが、人一倍ある人種としか言いようがないと思う。 景気が悪い国や貧困な国は山ほどある。 しかし、その国々の人達に自殺が必ずしも多いかと言うとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考える・・・試案

自殺の危険が高い時すべきこと・してはならないこと すべきこと ○ 共感を示しつつ、相手の訴えに耳を傾けるとともに、冷静な態度を保つ。 支持 ○ 支持的な態度で接し、相手を思いやる姿勢を示す。 支持 ○ 相手の置かれた状況を真剣に受け止め、自殺の危険の程度を判断する。 -ブログなら類推できる。・・・(本人が信念を持てる精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

データ

◇危機要因四つ  自殺の理由は一つではなく、平均で四つの「危機要因」を抱えていることが分かった。  自殺した305人の遺族や知人から聞き取り、背景事情として家庭や健康、経済問題などにかかわる68項目を「危機要因」ととらえて調査。その結果、自殺時に危機要因が一つしかなかった人は4%だけで、平均で四つの危機要因があった。  危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の場合、自殺者の数には、厚生労働省の「人口動態統計」と警視庁の「自殺者統計」の2種類が存在していてその数に差がある その理由は、警視庁の場合 1.日本における外国人も対象にしている。 2.遺体認知時で計上。(厚労省は、住所地に基づいて計上・・・住所を特定できていない場合カウントしない) 3.計上において、自殺、他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数字

2007年の本県(秋田県)の自殺率(10万人当たり)は37・5で、1995年以降13年連続で全国ワーストとなったことが4日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。  一方、全国の自殺者は前年比890人増の3万777人で2年ぶりに3万人を超えたが、本県は419人で前年より63人減り、減少数は全国一。減少率も13・1%と沖縄に次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Son Of A Bitch

してはいけないこと 􀁺 写真や遺書を公表しないこと。 􀁺 使われた自殺手段の特異的で詳細な部分については報道をしないこと。 􀁺 自殺に単純な理由を付与しないこと。 􀁺 自殺を美化したり、扇情的に取り上げたりしないこと。 􀁺 宗教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんなんだ・・・

(取り上げるべきかどうか散々迷った。でも、あまりにも自殺に対して、真に向き合う人間が少なく思い記事にします。) ●はじめにうつ病等精神疾患の症状の中に自殺念慮(じさつねんりょ)・・・「死にたい」「どうやったら死ねるか」を考えること ●自殺企図(じさつきと)・・・リストカット、大量服薬など、実際に自殺を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅いよ。

毎日新聞 2008年4月15日 11時51分 より引用) こんな事、最初のひとり時点で、総合面で報道体制を整えないと、また、同じことが繰り返される。少し考えればわかるだろうに? 何もかにも後手後手。。残念だよ。何も変わってないよ。 追記: この動画に流れている通り、如何に無条件で、無批判で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹立たしい

いつまで原子番号Sに係る記事を三面扱いして、金儲けしようとするつもり・・!マスコミの罪だよ! それに この件に関して、好き勝手にブログに 稚拙な言葉で、死ぬな。あなた必要としてくれる人がきっといると言った根拠のないことを 平気で投稿している輩にいらだちを感じる。どんだけ上から目線?! これ・・・死に直面している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丑三つ時の苦言

記事を書いては、UP出来ないでいるこの頃・・・やっぱりストレスになるので、好き勝手に主観で。。。苦言として、書く事にしました。 自殺に対する考え方・・・ 私は、以前から善悪では、考えておりません。そして、自殺の大本は、精神疾患を伴った上での事での病状として捕らえています。 よって、自殺した人に対して、批判的な書き込みを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブログと精神疾患について思う

精神疾患者において、ブログの存在はかなり大きいと私は、思います。 数年前までは、ホームページで苦しみの思いを表現していた方が非常に多かった。ただ、ホームページの場合、ある程度の知識や要領を把握していなけばならず、病状を抱えて、気持ちを訴える事の出来た方は、今から考えると少なかったのだと思います。技術とアイディアの賜物と私は思ってい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

慎重に・・・言及

前記事で紹介した 自殺予防マニュアル―一般医療機関におけるうつ状態・うつ病の早期発見とその対応 には、いわゆる厳禁とか禁句と言う表現があります。 (急性期、回復期に限らず厳禁と私は考えています。) 例として、この本に書かれているのは、 1.「死ぬ気があるなら何でも出来る」 2.「家族の事も考えなさい。」 3.「命…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

医療向けマニュアル

私は、自殺に対しての一般の方、並びに、うつ病で急性期(一番酷い時)の苦痛の比重を占める自殺理解度を患者の立場で、出来るだけ客観的に(難しいとおもうのですが)何とか表現できないかと思い、取り合えず、医療側がどのように現時点で、自殺並びに広義でのうつ病を考えているのかを知りたくて、先日、自殺防止マニュアルと言う本を購入してみました。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

動機の詳細を公表へ

<自殺対策>原因・動機など詳細を公表へ 警察庁  これまで非公開だった自殺の原因・動機を細かく分類した警察庁の内部資料について、同庁は今後、自殺対策のため、関係官庁や研究機関などの要望に応じて速やかに公表する方針を決めた。一方でさらに自殺対策に有効になるようにするため、従来の分類方法について外部の専門家の意見を聞いて見直しも図る。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自殺報道の変化・・しかし呆れた昨今。

書くべきか否かを迷ったあげく、これからの自殺を減らす事にに対して、私は、この記事を複雑な思いで書きます。 私の真意は、自殺を如何に減らす事です。立場としては、 1.私の体験として、自殺と言う普通の心理状態の一般の方が書けない事が書けると言う点。 2.母を含め、自殺に追い込まれた家族を如何に死へ行かない様に全ての知識、知恵を駆使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自殺報道の変化

以前から記事にしたかった事で、報道姿勢が変わったと言うことを書きたかったのですが、なんとなく躊躇していました。 重い記事を引用しています。踏まえて・・・ 列車にはねられ50歳女性が死亡 JR仙山線 -------------------------------------------…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

色々、書いてみる。

私の知人の事で少し書いた事がありますが、病気を理由に家族から見放された人が数人と逆に家族と決別した知人もいます。 また、昨今の私の住んでいる東北地区の現状を考えると・・書きたくなったので書きます。 孤独な状況で精神病を抱えてる状況が多く、実際問題、病状悪化等で・・状況を把握せずに、“家族の方のことを考えて、自殺を駄目的な事を…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

私の見解

自殺についての私の見解を、 1.私の経験 2.私の母親 3.交流のある精神疾患の仲間 4.私にとっては信頼たる医師 からの情報を元に書きます。 自殺の原因の元にうつ病を中心とする病気が中心にあると言う事は、ご周知頂けるものと思います。自殺者の9割は発病した状態だったと言うのが一般的と言われ、私もその考えを支持していま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

普通・・・。

死にたいと言われたら 1.情報元 東京いのちの電話より抜粋 (http://www.inochinodenwa.or.jp/04-jisatu4.htm) 2.情報元 福島県精神保健福祉センターより抜粋 (http://www.pref.fukushima.jp/seisinsenta/specify/dep…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more